<< エッグスンシングス | main | 散骨と気付き >>

フリーハグ

“FREE HUGS” というのを経験した

 

ガタイの大きな外国人の方がガシッ!バンバン!と

私の背中を叩きながら抱き寄せるので

肋骨折れそうな衝撃だった

ちなみに日本での出来事ではない

 

とても陽気な笑顔

楽しいけど平和を考えさせられる切なさもある

あなたもやれば良かったのに

 

「帰ったらまた静かに暮らそう…」少し意識して優しいトーンで

私がそう言ったら隣にいた彼がただコクンと頷いた

 

「ちょっと引っ張り出し過ぎたか」って姉御肌っぽく私が聞いたら

黙ってまっすぐ景色を眺めている彼の目が

なんとも言えない昔の目なのよ

 

外国にも日本風居酒屋というのがあって

そんな所で食事したもんだから途中までは明るいんだけど

お酒入ったら

「昔はこうやって俺の話をずーっと聞いてくれてたなあ」って

ボロボロ泣き上戸になるから両隣の日本人観光客さんが

お耳ダンボになってたぞっ(笑)

 

夏の終わりの記録

 

なんでも吐きだしなさい

受け止められるよ

どうだ大人になったでしょ

 

この人に出会って、これが母性なのかと自分を笑ってしまった昔がある

弱気になった時の彼はどーしても私より長生きする自信があるようで

私が先に逝ってしまったら自分が孤独になる話をよくする

 

ようやくメンタル元気になったと思ったら今度は持病の腰痛と片頭痛

可哀想に…一段落したら若いアルバイトさん達と飲み会しておいでよ

流れが変わってイェーイ!!って気分になるかもよ

 

友達と叙々苑行く予定だったけどダーが心配で行かなかった

どうだ!思いやりあるだろ(笑)

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2019.10.24 Thursday | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 日常 |